タトゥードシェフ(TTCF)決算報告を見てみた~2021年4-6月期~

タトゥードシェフ決算報告2021年4-6月期Gluten Free

株を保有しているタトゥードシェフ(ティッカーシンボル:TTCF)について、2021年4-6月期の決算報告がありましたので内容を確認していきたいと思います。

タトゥードシェフとは、植物由来の食品を製造・販売しており、その中にはグルテンフリーの製品も数多く取り扱っているアメリカの会社です。

2021年4-6月期の財務ハイライト

同社サイトのニュースリリースより確認した内容は以下のとおりです。

2021.4-62020.4-6
売上高5,070万ドル3,480万ドル
売上原価4,270万ドル3,110万ドル
粗利益800万ドル370万ドル
営業費用1,590万ドル210万ドル
営業利益▲790万ドル160万ドル
当期純利益▲5,320万ドル130万ドル
Tattooed Chef Reports Second Quarter 2021 Financial Resultsより

売上高は前年同期と比べて45.9%増加しています。
Tattooed Chefブランドの製品の売上高は3,310万ドルで、前年同期の2,040万ドルから62.3%増加しているようです。

粗利益は、前年同期の370万ドル(粗利益10.8%)に対し、800万ドル(粗利益15.7%)でした。

営業費用が大幅に増加したのは前四半期に引き続きマーケティングやプロモーションによるもので、こちらは時間の経過とともに減少していくものと同社は予想しています。

当期純利益は5,320万ドルの損失で、追加投資による繰延税金資産の評価性引当金に起因する、一時的な非現金費用4,600万ドルが含まれています。

2021年通年の見通し

同社は2021年通年の見通しについて、次のように述べています。

  • 売上高は2億3500万ドルから2億4200万ドルの範囲で、2020年と比較して58%から63%増加しています。
  • 16%から22%の範囲の粗利益率
  • 1,500万ドルから2,000万ドルの範囲の設備投資

同社は高成長段階にあるため、純利益などの不確定要素の多い数字は公表していないようです。

個人的な感想

前四半期に続き、黒字転換など大きなサプライズはなかったため、短期目線の投資家は売りに走るんじゃないでしょうか。
実際、プレマーケットでは大幅に株価を下げているようです。

同社の認知度が上がり、ブランド化が進んでいけばいずれ黒字転換すると思いますので、引き続き私は長い目で見ていきます。
もともとそんな短期で結果が出るとは思ってないですしね。

もし株価が15ドル付近まで下がれば買い増してみるのもありかなと考えています。

タイトルとURLをコピーしました